超ローカルからはじまるグローバル   エンパワメントが社会を変える

「ゴミ屋敷をコミュニティの場に変えよう」プロジェクト

  • HOME »
  • 「ゴミ屋敷をコミュニティの場に変えよう」プロジェクト

JR桜木町駅から海側にでると近代的なみなとみらいですが、逆側は、野毛といわれる古い繁華街です。野毛は昭和の雰囲気を色濃く残しながらも最近オシャレな店が増えてきました。

その野毛を抜けて市長公舎や中央図書館の横を山手にすすみます。佐久間象山や中村汀女の碑がある野毛山公園を右手に見ながら坂道を登っていくと、その頂上付近に野毛山動物園の入り口があります。ここは無料で入場できる動物園として、また小動物とじかに触れ合える動物園として有名ですね。

この野毛山動物園を超えた場所は庶民的な住宅地が広がっています。「ブラタモリ」でも紹介された場所で、急斜面にへばりつくように住宅が密集してならんでいます。車も通れない道路に面していたり、前に道がなく階段だったりする家も少なくはありません。

 

その一角のこのゴミ屋敷があります。

内部はゴミだらけで畳は腐り、壁はボロボロです。

でも、躯体はしっかりしていました。

このゴミ屋敷を片付けて改装してコミュニティの場に変えたいと思います。

 

この地域は、今の日本の縮図ともいえる場所かと思います。

 

古い庶民的な住宅地で、地域活動も盛んで、お祭りやバーベキュー大会、運動会などのイベントも盛んです。その一方で、「子供向けイベント」「老人向けイベント」「高齢者向けイベント」と分断されがちで、また新しく引っ越してきた人は地域社会活動の参加にあまり積極的でない人も多いようです。

また外国人も多く住む場所ですが、地域活動への参加はほぼ皆無のようです。

 

野毛の繁華街や近代的なみなとみらいから少し離れただけなのに、このような現代社会の縮図のような野毛山裏の住宅地があるのです。

 

この場所に「コミュニティの場」をつくり地域社会から孤立する人たちのむすびつきを強化する一歩としたいと思います。

 

ゴミ屋敷を片付けて改装してコミュニティの場をつくる、その為のお金やペンキ塗りなどを手伝ってくれる人を募集します。

 

PAGETOP
Copyright © 野毛坂グローカル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.