超ローカルからはじまるグローバル   エンパワメントが社会を変える

スタッフ・サポーター

  • HOME »
  • スタッフ・サポーター

フェロー・アドバイザー
(専門的見地から助言・支援してくれる人:敬称略)

※フェロー・アドバイザーを募集中です。
野毛坂グローカルの趣旨に賛同し、地域開発・地方創生・共生(多文化共生・多世代共生・弱者と
共生など)、あるいはソーシャルエンタープライズの組織運営や公民協働などの専門的見地からアドバイスしていただける方はこちらから連絡ください。
なお、お名前を公開することに希望しない方は公表しないことも可能です。

東佳史 立命館大学大学院 政策科学研究科 教授
グローカルは、グローバルとローカルの合成語のようですが、今までのグローバル化は長く海外勤務や生活をした人が、滔々と自己の経験を述べ伝えるイメージがありました。 奥井さんの野毛坂グローカルのユニークさは、現代日本の問題であるごみ屋敷とその周辺地域問題、ローンが払えなくなったマイホームのその後の問題、それらの面倒な問題を一つ一つ自力で解決しながら、海外からの旅行者向けのシェアハウスの開業等々、目に見える形での国際と地域のつながりが見えてくるのではないかと期待しています。

小川秀樹 千葉大学 高等教育研究機構 教授
大学卒業以来、ずっと国際的な場に身を置き続けてきました。最初は国際ビジネスに近い部分に、その後、開発問題に分け入り、さらに平和構築のような分野にも関わってきました。40歳代中盤で大学に転じてからは、グローバル人材育成一辺倒でした。そして今思うことは、異文化の現場に身を置くことの重要性です。例えば紛争や開発の現場で人や自然と接すると、やっと問題解決の糸口が見えて来ます。地域や現場は生きた教材です。そしてそれは海外であろうと国内であろうと、変わるところはありません。自宅や東京や日本からだけでは見え ないものは多いです。地域と現場から見方や世界観を再構築してみましょう。

河森正人 大阪大学大学院 人間科学研究科 地域創生論研究分野 教授
http://cc-proj.net
多世代共生は地方創生の枠組みのなかでおおいに注目されています。地域にすむ多世代の住民と、シェアハウスや民泊の滞在者(とくに外国人)をつなぐという野毛坂グローカルの試みによって、共生のあたらしいすがたが見えてくるようになるのではないかと思っています。いま、共生という理想とは裏腹に、他者への不寛容や差別が問題となっていますが、インターローカルな活動を地道にすすめることによって、こうした障害を乗り越えることができるのではないかと思っています。

栗田梨津子 実践女子大学短期大学部専任講師
多文化共生が叫ばれる現在、文化的に多様な背景をもつ人々の可能性を社会で活かすための方法が模索されています。野毛坂グローカルは、文化的・社会的マイノリティといえる人々がそれぞれの強みを活かしながら、共に活動することで、社会貢献を果たしつつ、コミュニティの一員としての意識を高めてもらうことを目標としています。こうした試みは、文化的マイノリティを社会的支援の「受け手」と想定しがちであった従来の多文化共生モデルに代わる、新たなエンパワメント型の共生モデルとなることが期待されます。

高樋さち子 秋田大学 教育文化学部 教授
これからも多種多様に変革する国際社会の中で、”野毛坂グローカル”が中心となり地域の「時間+空間+人間」を有効に利用して基盤を作り、THINK GLOBAL – ACT LOCALを目標として展開していくことを期待しています。
今まで開発途上国への技術協力・移転を目標としてその地域の住民目線に立脚した政策立案・提言を試みてきました。野毛坂グローカルの「シュアハウス計画」に開発途上国からの留学生の住居を検討して欲しいと思います。野毛坂グローカルの異文化交流を深めるフィールドがここに「シュアハウスの”内と地域住民“の両側面から形成されていくこと」と考えています。

長谷川佳和 NPO法人ケアマネジメントサポートセンター 理事長
人と人の絆が希薄になっていると言われていますが、まだまだ日本人には潜在的には、他者を思いやりその気持ちを基に助け合う行動ができる人が多くいらっしゃいます。
野毛坂グローカルが、その礎になることを心から望んでいます

野津隆志 兵庫県立大学 国際経済学部 教授
https://sites.google.com/site/notsu22/

平山修一 GNH研究所 代表幹事
http://www.gnh-study.com/
国際社会で培った多様性を抱擁する視点は今の地域つくりにとても必要だと思われます。地域に「場」を提供し、コミュニティーのネットワーク活性化の先進的な実験の場として、野毛坂グローカルが機能することを願っています。一緒に日本をよくしましょう

松本邦愛 東邦大学 医学部 社会医学講座 講師
世の中にはいろいろな人がいます。人種もさまざま、年齢もさまざま、考え方もさまざまです。自分と気が合う人もいれば、気に入らない人もいるでしょう。でもそれを全部ひっくるめて世の中です。世の中にはいいことも、悪いこともたくさんあります。自分の良心に従っていても人とぶつかることも多々あります。でも、良心に従うためには、まず他の人を知らなければなりません。なぜなら、「良心(conscience)」は、「共に(con)」「知ること(science)」なのですから。いろいろな人が集まってお互いを知ることができる「野毛坂グローカル」には期待しています。だって、代表者がとっても楽しそうじゃないですか(笑)。

 

 

サポーター会員(応援や支援をしてくれる人・手伝ってくれる人:敬称略

※サポーターを募集中です(入退会自由の会員制度としており、年会費は無料です)
どんなことでも結構です。お手伝いできるという方はこちらから問い合わせください。
なお、お名前を公開することに希望しない方は公表しないことも可能です。

荒川あかり 高校生
海外進学を目指す現役高校3年生です。私は、世界の貧しい国々に住む人々がなんとか笑顔になってほしい、という気持ちから将来の方向性を真剣に考えています。「グローバル化」と言われる時代ですが、ふと自分の故郷を、日本を見てみたときに、我々人間が一番大切にしなくてはいけないものーコミュニティの場やそこから生まれる人間愛ーが、昔に比べて少なくなってきている、と時々感じます。あまり発達していない、貧しい地域では、人々が協力しないと生活が成り立たないため、ある意味コミュニティが重要になります。日本は今、いろいろなものが発達して住みやすい国となりました。だからこそ、次の新たな課題としてこのプロジェクトを通しながら自分たちにできることを考えていく必要があると思います。

泉田隆史
海外から日本を見るにつけ、ますます日本の地域社会の置かれている現状を憂慮せずにはいられません。野毛坂グローカルに全面的に賛同します。

内山千尋  縁結び工房 代表 http://emmsu-tea.jp
「縁結び工房」は、茶道を通して世界を知り、茶道を通して互いをリスペクトし、それぞれの国の伝統文化を守るお手伝いをします。「野毛坂グローカル」と重なるところがたくさんありそうです。一緒に、楽しいイベントができるといいですね!

大石雅文  
視線は世界に、活動はローカルに、野毛坂グローカルの趣旨に賛同し、応援します。

大塚進   作業療法士
楽しくやりましょう

北原小雪 大学生
国際ボランティア、国際交流に興味があります。私は出身が横浜で、地元の中学校では、ベトナムや中国など、外国にルーツを持つ方が多く通い、まさにグローバルな地域でした。そのような環境で育ったからか、日本に住まわれる外国の方のサポートに携わりたいという思いがあります。『住む人誰もが幸せを感じることができる』ために、地域から、微力ではありながらサポートしていけたらと思います。

小熊誠
小さい頃から海外に憧れ、五木寛之の『青年は荒野をめざす』とか小田実の『何でもみてやろう』等を読んで、さらに海外への夢を膨らませていきました。今でもいろんな国の話を聞くのが好きです。野毛坂グローカルに行くと、海外の人と友達になれる、海外のことを知れるといったそんな楽しい場になって欲しいなと思います。

小林陽子
日本や海外を問わず、いろいろな人と関わることが大好きです。お互いがお互いを認め合える、それが当たり前の世界になればいいなぁと思います。

 

木下真人
コミュニティを楽しみながら活性化していく野毛坂グローカルは、これからの日本に必要なものをもたらすと期待しています。微力ながらサポーターとして、応援していきます!

木村益徳
JICAシニアボランィアで、タイ北部盲学校で2年間活動していました。野毛グローカルの活動が地域コミュニティの再生につながるよう応援しています。

郡司義貴   日本語学校(ミャンマー)
多文化共生はこれから益々重要なテーマとなると思います!ご活動応援しております!

小嶋慎一郎   JICA 個別専門家
海外での経験をどのように地域に活かしていくのか、大変に興味がありますし、私自身も学ぶことがあるかとおもっています。キンシャサから応援しています!

小谷麻里紗    フリーランスのタイ語通訳
楽しいコミュニティの場ができることを期待しています。

小林勇一
以前青年海外協力隊でタイの高齢者センターで理学療法療法士隊員として活動していました。現在は訪問看護ステーションで、働いております。
多世代共生、多文化共生はこれからの日本社会にとても重要なことだと思いました。
微力ながら野毛坂グローカルサポーターに名乗りをあげさせて頂きます。

齋藤絹子
協力隊OVで、現在も海外駐在中です。野毛坂グローカルの活動、面白そうですね。
私でお手伝いになるかどうかはわかりませんが、応援しています!

斎藤 ゆき
地元密着の野毛坂グローカル、ということでご近所の私にも何かお役に立つことがあるかもしれません。人と人のつながりが一番なのでいつでもお声がけください。
できることは喜んで、興味があることはやってみる、絶対無理は即お断りする、というスタンスで参加したいと思います。

崎坂香屋子   帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授
野毛坂グローカル、乃木坂46と似ていますが乃木坂46を超えて日本や世界を元気にする活動に大いに期待しています!

柴田京子 認定NPO法人地球市民の会
日本のNGOに所属し、ミャンマーで農村の生活向上事業に携わっています。ミャンマーの農村ではまだまだ人と人とのつながりが強く、私もそのような地で仕事・子育てができたくさんの方々に助けていただきました。野毛坂グローカルさんのご活躍で、日本もそのような場が復活するといいですね。頑張ってください!

新谷夢   Sin Phyu Lay Co.Ltd 社長 http://www.myanmarcookies.jp/
地域コミュニティの中でいろいろな考えに触れ、視野が広がるだけでなく、将来に対する考え方が明るくなる人が増えることを願っています。野毛坂グーロカルの地域に密着したご活動、ミャンマーより応援しております♪

関口ゆみ
教育を通して、世界の人々が幸せに共存できる社会をつくることが生涯の目標。
色んな人との出会いが日常を楽しく、充実させる、そんなイベントを実施&参加したいです。

迫裕太   学生団体SMILE 代表
学生団体SMILE創設代表の迫裕太です。野毛山グローカルが活動を始められるということで、自分の活動以上に応援したい気持ちでいっぱいです。なんでも力になります

佐々木健一
僕はしばらく海外なので直接役立てませんが、そのうち何かお役に立てることがあればと思います。頑張ってください!。

佐々木浩ニ  サスティナブル&ユビキタス 代表
物を創る(作る、造る)ことが好きです。 継続は力なり、面白いことは力なり。 をモットーにしています。 野毛坂グローカルに期待しています。

佐々木雅子
約25年ほど発展途上国と日本を行ったり来たりしています。この15年ほど、途上国の行政制度や組織、人材の能力強化の支援をしています。個人的にはキーワードでいうと異文化共生やクオリティオブライフに関心を持っています。そういう面で野毛坂グローカルさんの今後の活動を応援したいと思います。

佐藤直子
片づけでしたら手伝えると思います。
週末のみですが、お声掛けください。

杉山佳久   SALESREP INTER CO., LTD. 社長
タイ・バンコク在住のビジネス・アドバイザーです。日本から投げられたボールをアジアで受ける役目をさせて頂きます。野毛坂グローカル、どんな大きな木に育つか、楽しみにしています。

相馬敬   教育開発コンサルタント
横浜は私の地元ですが、自分自身は何も貢献できておりません。今の仕事を引退したら何かしたいとは考えていました。そこへ、このようなご案内!素敵な取り組みと思います。今の日本に何か足りないと感じていたとしたら、それはこんな共生感・共感なんじゃないかと思います。支え合える社会を一緒に目指したいと思います。野毛坂グローカルを応援します。

高橋昭博
ちと場所は遠いですが、子供が大きくなり次第協力致します。

たけいひろこ
民間企業(東急ハンズ)勤務を経て、タイ、日本語教育をキーワードとする毎日に転換。外国の人の視点からの日本の姿に毎日、わくわくしています。
世界中のいいものを交流させて、多くの人と日々是好日を共有していきたい。そんな思いで期待してます、グローカル@野毛坂♪

田島誠   環境エネルギー政策研究所(ISEP)
単なる場づくりに終わらない未来に期待!

田中智隆   Japan Truck & Machinery Trading Co.,Ltd.   http://jtmtmyanmar.com

1999年12月よりタイ、2012年7月よりミャンマーにて働いております。
皆様にタイ・ミャンマーの現状が広く知って頂きたいと考えております。

田邉知成
今、世界中で異文化を拒絶しようとしたり仲間内だけでブロック化しようとする声が強くなっていますが、交流が少なくなれば相互理解も失われます。そして異文化というものは海の向こうだけに存在するものではありません。異文化、異性、異世代、身近なところでつながれるそんなスペースができればいいですね。

塚本沙世   International Development Field Camp(日緬学生会議)
 http://idfc-jpn-mmr.jimdo.com/
私たち若者だからこそできることは何かを、真剣に考え行動を起こすことを大切にしている団体にてすでに3年がたち、社会の一員であることの認識とそれに伴う責任を日々強く感じております。
野毛坂グローカルが掲げる「住む人誰もが幸せを感じることができる地域づくり」はとても心踊る素敵なビジョンだと強く感じています。人と人の繋がりが浅はかになりつつあると同時に、このような活動を通してより地域の人々の繋がりが再び力強くなることを願っています。

常川真由美
コミュニティーベースから考え行動をしていくことがとても大事と思います。野毛坂グローカルからの発信楽しみにしています!

 

永井真人 プロバードウォッチャー・鳥記者・鳥コンサルタント・歌手 http://www.nagaimasato.com

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

鳥くんです! 野毛坂グローカルで面白いことができればいいですね!

 

 

中川真理   オーケストラ トラベル  http://orchestra-travel-myanmar.com/
ミャンマー現地旅行社に勤めている中川(横田)真里と申します。
自分が経験してきたことが少しでもお役に立てればうれしいです。
ユニークで刺激のあるプロジェクト、期待しています!

中川善雄 
NGOでアジア地域で障がい者支援活動に携わっています。海外を拠点に働いていますが、日本の地域でも、誰もが暮らしやすい社会作りのために、何かできないかと感じます。 野毛坂グローカルが地域、地域外をつなぐ場所になるために応援します。

中島美樹
社会福祉士。地域包括支援センターで10年以上の勤務経験あり。JICAシニアボランティアとして、タイ、パラグアイにて活動。関西からの応援ですが、手弁当で行きまっせ!

中田直志  立命館大学 学生
私は大学在学中にアメリカ、中国、タイ、ミャンマー(ビルマ)などの地を訪れ多くの人々と交流を交わしてきました。現在はコペンハーゲン大学に留学しております。海外(グローバル)に出れば出るほど痛感させられることは、いつも「ローカル」の重要性でした。価値観や文化が地球規模で無制限に飛び交う現在だからこそ、足元(ローカル)を見つめることの必要性が問われているのではないでしょうか。野毛坂グローカルさんが、多くの人にとって「困った時に帰れる場所」になっていくことを期待しております。

濵彰史 イエローテイルズ株式会社 http://hamakihito.me
ミャンマーはヤンゴン在住、IT全般、今は特にWebサービスをやっている濱と申します。ミャンマーを初めとして、世界中で先端技術を取り扱っていきたい所存です。
日本でも、まだまだ生活にITの入り込む余地がある部分は多いので、グローバルな視点とローカルの実践力を持っている野毛坂グローカルという場はITを利用しながら育つと期待しておりますし、そんなところに何か協力ができれば嬉しく存じます。

東岡美奈
夜の“野毛”大好きですので,“野毛坂”にも反応しました。あまり力になれないかもしれませんが応援させてください。

平本実    ワールド・ビジョン・ジャパン
なんか新しい歌のグループ(の〇ざか48?)のファンクラブか何かと思ってしまいました。世界で、地域で何か楽しい、面白い、怪しい?動きが始まるきっかけとなると良いですね。期待しています。

平野正幸
都市部で稀薄になってしまった人と人との繋がりを再構築してほしいですし、できるところで協力したいと思います。

深尾真理子
タイやアジア地域の障害者エンパワメントや高齢者支援のプロジェクトに携わった経験から、コミュニティと共に生き、より良いあり方を模索し続けることの大切さを強く感じました。日本の社会も変容しつつありますが、一方でアジアや途上国といわれている地域から学ぶことも多くあると思います。その意味で野毛坂グローカルの試みに賛同し、応援しています!

藤本抄越理 法律事務所
東南アジアを中心に10年以上国際協力に従事しており、2013年からミャンマーに滞在し、現在は法律事務所で主に企業の支援をしています。多様なバックグラウンドや価値観をもつ人々が幸せを感じられる社会づくりに関心があります。お仲間に入れていただき、ワクワクしています!

星井直子
東南アジアの教育制度に関心があります。国際協力や国際文化交流関係の仕事をしてきました。野毛坂グローカルさんを応援します。

本田哲也
サービス業の視点から何か協力できることをやっていきたいです!ミャンマーから応援しています。

松井隆昌 株式会社ティーアンドアール 代表取締役
化学品系貿易商社ですが、ミャンマーでは楽器の販売(ミャンマーへの輸出)と音楽及び音楽教育の普及を推めています。 野毛坂グローカルさんの活動を陰ながら応援しつつ、そこからボランティア精神を学び、ミャンマーでの活動に役立てたいと思っています。

松舘文子   NPO法人 かじか瀬 http://kajikase.jimdo.com
私もサラリーマンしながらNPO活動をしているので、お手伝いできることができないかもしれませんが、仲間に入れてください。

美姫ヒカル子
現在はFMうらやすのラジオパーソナリティーとして毎週活動している他、横浜を中心に活動している劇団ウエスト♥ハウスの代表を務めています。宜しくお願い致します。

三好友良 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 国際協力学専攻修士課程
大学院でタイの高齢者福祉の研究をしている学生です。
途上国の開発の視点から、国内のコミュニティに取り組む野毛坂グローカル、楽しみにしています!

水谷滋
ミャンマーで自動車のコーティングサービスをしています。
ここミャンマーから何ができるかわかりませんが、なにかご協力させていただけることがありましたら是非!

山浦 康寛   FINALsec Co., Ltd 代表取締役
ヤンゴンで講師派遣、ミャンマー語検定の運営、翻訳の事業をしています。
野毛坂グローカルのご活躍期待しております。

山田桂   フリーランス編集者
フリーランスの編集をしています。いまは東京ですが、育ちは千葉、一時横浜にも住んでいましたので、野毛山にも親しみを感じています。布好き、アジア好き、日本文化好きです。小さくて大きな活動かと思います。そして広がっていき、多くの人の心に届く活動になることを祈っています。

山田 規央    国立病院機構西新潟中央病院 リハビリテーション科 理学療法士
生粋の新潟人である私のモットーは「にいがたおたがいに」。人は誰しも独りでは生きられず、「お互い」を必要としています。人は主体的に社会参加していくためにまずは、自分を認めてくれる「お互い」の存在を知ることから。野毛坂グローカルにはその部分を期待しています。

山藤卓人  上智大学学生
山藤です!これからもよろしくお願いします!

山本久仁子   横須賀市立不入斗中学校 英語科教諭
野毛坂グローカルに共感しせっかくお近くなので陰ながら応援とできることはお手伝いしたいと思いました。今は公立中学校の英語教員です。

 

 

 

情報会員(メルマガで情報を受け取る会員です:敬称略)

※情報会員希望の方は、お名前、所属、メールアドレスをこちらに送付ください。

 

 

共同代表(当面の責任者です)

・奥井利幸
民間企業(日本電気株式会社、キヤノンマーケティング株式会社)を経て、国際協力機構(JICA)の専門家(JICA EXPERT)などとして、発展途上国において長く下記のプロジェクトなどをタイ・ミャンマーを中心にアジア各国っでながく実施してきました。
・山岳民族支援・農村支援など、コミュニティ強化、地域活性化にかかる協力実施
・当事者のエンパワメントを通じた障害者支援
・コミュニティの力を活用した高齢者支援
・里山など「人と共生する」森林普及
・人身取引被害者の保護能力向上支援
・ASEAN地域の大学ネットワークを通じた高等教育支援

また、2004年インド洋スマトラ沖大地震・津波、2011年タイ大洪水において緊急援助隊コーディネーターとして緊急援助にかかる現地での調整協力を行いました。

開発途上国でコミュニティ支援や社会的弱者支援を長く行ううち、開発途上国の地域課題と日本の地域課題には実に共通点が多くあることに気づきました。2016年7月帰国後日本でのコミュニティ活動の実践とインターローカル(インターカル)による学び合い・普及を目指す「野毛坂グローカル」を設立準備中です。

PAGETOP
Copyright © 野毛坂グローカル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.