障害者インターナショナル(DPI)アジア太平洋ブロック事務局長であり、車椅子ユーザーであるサオワラックさんが来日します。

この機会に、アジア太平洋地域の障害者の状況を聞くとともに、先日あったバニラエアーの障害者搭乗拒否事件などの最近の障害者を巡る出来事を切り口に、社会的弱者を作らないための社会とはどのような社会なのかを考えてみたいと思います。
障害に興味がない人にこそ参加をおすすめしたいと思います。

<進行>(敬称略)
弱者と社会的弱者の違いについて
・奥井利幸(野毛坂グローカル)
アジア太平洋の障害者の現状
・サオワラック・トーンカイ(DPI)
日本の障害者の現状
・宮島真希子(横浜コミュニティデザイン・ラボ)
ディスカッション「バニラエアー問題から障害者配慮を考える」

▽ゲスト
Saowalak Thongkuay(タイ) サオワラック・トーンカイ
(DPI(障害者インターナショナル) アジア太平洋事務局地域開発担当官、アセアン障害者フォーラム(ADF)理事、ABILIS財団メコン地域コーディネータなど)
DPI:Disabled Persons International (障害者インターナショナル)は世界130か国以上に加盟団体がある国際的NGOの障害当事者団体である。本部はカナダ。日本にはDPI日本がある。アジア太平洋地域事務局はタイのバンコクにあり、Ms. Saowalak はタイ国政府から女性の人権活動に対する表彰を受けるなど活躍している。アジア太平洋地域において、障害種別(身体障害、知的障害、精神障害、難病など)を超えて障害者の社会参加を実現するための様々な活動に取り組んでいる。
http://www.rehab.go.jp/hodo/japanese/news_27/news27-05.pdf より

▽ホスト
○宮島真希子(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 理事、NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構 理事、NPO法人シャーロックホームズ 理事)
横浜市神奈川区出身、磯子区を経て、現在は戸塚区在住。ライター&リサーチャー。2016年に「社会的に排除されている」人達の支援者の活動の場「アンブレラ関内」を立ちあげる。~まちづくり/環境問題/教育・発達障害/ものづくり・ファブラボ。ワークショップファシリテーター。
参考記事:タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0113/2016/05/19/332543.html

○奥井利幸(野毛坂グローカル):運営協力
https://www.facebook.com/nogesaka.glocal/
http://nogezaka-glocal.com/

○南條涼子(フリー通訳者):通訳協力

<開催概要>
日時:10月19日(木) 18:30〜20:30
場所:泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)
http://taisei-po-chi.yokohama/
参加費:500円
申込:Facebookイベントで「参加する」を押すか「10/19参加希望」と書いて info@yokohamalab.jp まで送る
主催:野毛坂グローカル、横浜コミュニティデザイン・ラボ
協力:神奈川県ユニセフ協会

<パネル展示>
「障害のある子どもたちへのユニセフ支援」パネル展

※参加者にはユニセフ(国連児童基金)が発表した「世界子ども白書」の日本語翻訳版を配布します。また会場内にパネル展示「障害のある子どもたちへのユニセフ支援」を実施する予定です。

【参考】
▽発表「地域の中で生活するために」Saowalak Thongkuay   p5〜p8
http://www.rehab.go.jp/whoclbc/japanese/pdf/seminar_jpn28_2_13.pdf

▽障害者インターナショナル(英語: Disabled Peoples’ International)
国際障害者年であった1981年に結成された障害者の当事者団体。世界本部はカナダのニューファンドランド島にある。略称はDPI。

▽DPI 日本会議
DPIの日本国内組織として、1986年に発足。身体障害、知的障害、精神障害、難病等の障害種別を超えた96団体が加盟している(2017年8月現在)。地域の声を集め、国の施策へ反映させ、また国の施策を地域へ届ける事がDPI日本会議の活動の鍵となっている。
http://dpi-japan.org/

▽バニラ・エア車いす利用者搭乗拒否に対するDPI日本会議声明(特定非営利活動法人DPI(障害者インターナショナル)日本会議)
http://dpi-japan.org/blog/oshirase/%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%E8%BB%8A%E3%81%84%E3%81%99%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E6%90%AD%E4%B9%97%E6%8B%92%E5%90%A6%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8Bdpi%E6%97%A5/

▽アンブレラ関内
2011年春にオープンしたさくらWORKS<関内>が入居する泰生ビルの307号室を改装したソーシャルインクルージョンのハブ拠点。2017年春より本格稼働。日中は通信制高校「明蓬館高校」のサポート拠点として活用し、夜間は困難を抱えた若者など「社会的に排除されている」人達の支援者の活動の場として運営していく。さくらWORKS<関内>に入居するクリエータの協力でリノベーションした。

※「障害者」を「障がい者」あるいは「障碍者」と記することはありますが、障害者インターナショナル(DPI)日本会議の表記に従い、ここでは「障害者」と記しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

結果を参加者の鈴木ゆりりさんが書いていただきました

トークイベント 弱者が社会的弱者にならないためには?
〜日本とアジアの障害者から学ぶ〜