横浜国際フォーラム2018が2月3日(土)4日(日)に開催されます。
その一環で野毛坂グローカルが講座をもちます。(講座番号27)

サスティナブルな多文化共生のまちづくりに取り組んでいる若者のお話を聞きながら、これからのまちづくりについて考えましょう。

1.オールニッポンレノベーションのまちづくり
(慶応大学の学生が中心になって千葉県御宿でのコミュニティスペース運営を中心にしたまちづくり)
2.リソースネットワークのまちづくり
(宇都宮大学の学生が中心になってインドとの関わりと宇都宮でのコミュニティカフェ運営を中心としたまちづくり)
3.カサコのまちづくり
(横浜国大出身の若者が横浜に多国籍寺子屋として設立したコミュニティスペースを中心にしたまちづくり)
4.ファシリテーター&まとめ by 野毛坂グローカル

「若者」の意味は、まちには当然老若男女(障害を持つ人も持たない人も、外国人も日本人も)多様な人がいるのですが、どうしても経験の深いシニアが中心になりがちです。
これからの世代に責任をもつ、一番の当事者という意味で若者が中心となって行うとの意味です。
一方で「若者だけで」行うのではなく、「プレイヤーは多様な人であるとのことから、あくまで「(若者が)はじめる」との意味合いです。
また「コミュニティビジネス」は、サスティナブルな活動のために「経済(ビジネス)」的発想が必要とのことで、「儲ける」ことを指しているわけではありません。

お招きする団体はいずれも、街づくりに意欲的に取り組む若い人たちの団体で、そこから知恵やノウハウだけではなく元気ももらえることを期待しています。

日時:2018年2月3日 16:20分から
場所:JICA横浜 4階セミナールーム6
入場料:無料
(但し、横浜国際フォーラム入場には入場料が事前申し込みの場合500円、当日の場合700円が必要です。事前申し込みはhttp://yokohama-c-forum.org/wpforum/forum2018_registration/)

申し込み方法:入場は先着順となります。
(16:00までに会場にいらっしゃるのをおすすめします。)

オールニッポンレノベーション:https://www.all-nippon.org
リソースネットワーク:https://resource-network.jimdo.com
カサコ:http://casaco.jp
野毛坂グローカル:http://nogezaka-glocal.com