今回は、基本に立ち戻って国際協力の基本について学ぶ会です。
国際協力に興味がある、でも具体的なことは勉強したことがない人を想定をしています。 もちろん経験ある人も復習の意味で参加も歓迎です。ただ、教科書的な話だけではなく、「技術移転とその課題」「持続可能な協力とは」「住民参加型と住民主体型」「チャリティ型かエンパワメント型がソーシャルビジネス型か」など、野毛坂グローカルならでの少しとんがった話題をお話できればと思っています。

ところで、
以前タイ大洪水のときに土嚢作りのボランテァイアをしたことがあります。老若男女が一生懸命一つの目的に向かってどろどろになりながら汗をかくのって、純粋に楽しかったです。

お坊さんが来て、
「皆さんがやっていることはもしかしたら無駄になるかもしれない(水の流入を止められないかもしれない)。でも、皆さんの気持ちは無駄にはならないのです」
などと説教してくれて、多分クーラーのはいっている部屋で聞いても心に響かないのだろうけど、汗まみれ泥まみれのときに聞くとじ~んときたのですよね。
(あっ、作った土嚢はすべて水に浸かってしまいました)

今回の内容としては、たとえば、洪水対策の土嚢作りの話、土嚢をつくるお金を支援する、広報の支援をする、自分で身体を動かす、土嚢の作りかたを教える、土嚢を作るボランティアの組織化を教えるなどなど、いろんな関わり方があります。
洪水にならないように「祈る」というのもあるかもしれません。さらにいえば「洪水になっても諦め心穏やかになる方法を教える」というのもあるかもしれません。
それぞれが援助・支援なのです。
(「そんなこと考えたことがなかった」という人はぜひお越しください)

講義だけでなく、参加者の国際協力に関する疑問や問題提起をもとにディスカッションする場や、参加者の自己紹介や思いをシェアする場も持ちたいと思います。

プログラム:
1)国際協力の仕事~JICAの業務を通じて」(話題提供:小西伸幸 国際協力機構(JICA)民間連携事業部 ) 40分程度
2)様々な国際協力の手法(話題提供:奥井利幸 野毛坂グローカル) 60分程度
3)参加者全員の自己紹介や思いの紹介(30分程度)
4)ディスカッション(国際協力に関して参加者の問題提起を通じたディスカッション)40分程度

また、高校生がたちが立ち上げた国際協力団体PegionWingsにも団体の思いの紹介なども行う予定です。

終了後に近隣で有志で簡単な懇親会も行います。
(懇親会は実費)

話題提供者:小西 伸幸
独立行政法人国際協力機構(JICA) 民間連携事業部 次長
1995年に民間企業からJICAに就職後、主に高等教育や職業訓練の人材育成に関する業務に携わる。
担当地域は、3度のタイ・バンコク駐在を含め、東南アジアに関する業務経験が長い。
趣味は途上国へのぶらりバックパッカー旅行。でも最近は旅行する機会が少なく寂しく思う日々が続いている(涙)。

その他、国際協力経験豊かな方々のゲストも予定しています。
ディスカッションが深いものになることが楽しみです。

日時:2018年5月13日(日)17:30-20:30
場所:しんじゅく多文化共生プラザ(新宿駅徒歩5分)
東京都新宿区歌舞伎町2-44-1ハイジア11階
主催:野毛坂グローカル(http://nogezaka-glocal.com
参加費:無料
申し込み:FBページで参加クリックまたは
info@nogezaka-glocal.com にメール