超ローカルからはじまるグローバル! エンパワメントが社会を変える!

タイ自治体幹部向け訪日高齢者施策研修の実施

  • HOME »
  • タイ自治体幹部向け訪日高齢者施策研修の実施
市長・町長らタイの自治体幹部やタイ・内務省、タイ・タマサート大学教員などが日本を訪問して高齢者福祉の研修を行っています。
本研修は、2017年に開始され回あたり35名から85名、計13回実施され計1000人近くが訪問を行いました。
タイ内務省、タイ・タマサート大学および野毛坂グローカルが実施を行なうものです。
日本の政府の制度や自治体の取り組みの紹介のみならず、横浜の町内会などコミュニティでの高齢者支援の取り組みを町内会の方から直接説明する機会もあります。
タイの自治体の首長たちに日本の文化や伝統も学んでいただき、日本・タイの相互理解にもつながることも期待します。
今後とも本研修は実施していきます。

日経新聞での紹介
実施の背景:
タイでは、地方分権化の方針のもと権限や財源の地方自治体への移譲をすすめています。高齢者福祉サービス・障害者福祉サービスに関しても地方自治体が地方福祉計画を策定のうえで主体的に住民のニーズに合致したサービスを実施することが望まれています。 一方でタイの自治体では中央省庁に比べてまだ十分に人材が育っておらず能力強化が急務となっています。 特に高齢化や社会経済状況の変化により、要介護高齢者の増大や介護予防・健康増進活動の必要性の増大、認知症対策など福祉分野の課題は大きいといえます。 本研修を実施するものでです。
また、このような研修を国際協力市民団体が行うのも画期的です。
研修例(内容は毎回異なります)
2月11日夜:バンコク発
2月12日 朝:東京着
14:00-16:00 施設説明:講義
      場所:特別養護老人ホームラスール金沢文庫
2月13日 講義 会場:JICA横浜
10:15-11:15   横浜市の高齢者福祉政策 (松本均:横浜市高齢健康福祉部長)
11:20-11:50  地域コミュニティ活動の実例 (米岡美智枝:横浜市西区羽沢西部自治会長)
  ー 昼食 ー
13:30-14:00 老人福祉センター/デイケアセンター(飯島敏子:野毛山荘所長)
14:10-14:50 日本の社会保障とタイの比較(奥井利幸:野毛坂グローカル)
15:00-15:50   福祉機器・用具選定の紹介(渡辺長:帝京科学大学)
15:50-16:00  まとめ
2月14日 富士山・箱根見学
2月15日 9:30-11:30 神奈川県真鶴町 町/町政の説明・高齢者福祉活動の講義
    その後、東京へ移動
15:30-17:30 :福祉機器販売店見学 リハテックショップ新宿店(2グループに分割)
2月16日土午後:タイに向けて出発
主催:
・タイ内務省自治体能力開発センター(Local Development Institute ,Ministry of Interior)
・タマサート大学社会事業学部(Faculty of Social Administration,Thammasat University)
・野毛坂グローカル

FBでイベント情報発信中!

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 野毛坂グローカル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.